ブロウと英会話
[英会話・TOEIC・英語学習] 英語スキルの収益化や未来図について発信
TOEIC

TOEIC受験できないならCASEC(キャセック)で英語力証明

第252回TOEIC L & R 公開テスト(*1)

コロナの影響で定員制かつ、先着順での申し込み受付になりました。

今回は緊急・非常事態でのアイデア、代替案を書きます。

*1 (第252回TOEIC Listening & Reading公開テスト 2020年9月13日(日)】実施)

2020年7月8日の申し込み受付は先着順という事を僕も2回ほどツイートしたのですが、ツイッターではTOEIC受験を申し込めた方とダメだった方のツイートで溢れています。

「繋がらない」サーバーがダウンしたという声、それに地元の会場が受付終了し沖縄や、遠方へ受験しに行くという声も。

中でも気になったのが学生で帰宅後に申し込みしようとしたら時すでに遅しというもの。

これは問題あるのでは?と思いました。

TOEIC受験できないならCASEC(キャセック)で英語力証明

英語力の証明TOEICだけではありません

英検のように有名な検定などももちろんありますが、

今回のような緊急・非常事態では CASEC(キャセック) が役立つ可能性があります。

CASECは2019年3月末時点で229万人が受験している、

英語コミュニケーション能力判定テストです。

(企業・学校等の1,677団体に採用されている 2019年6月末時点)

受験のメリットは次の通り。

・CASECの公式スコアが取得できる
・試験時間 約40分、24時間受験できる
・TOEICの目安点数へ換算できる
・手ごろな受験料

例えば就職活動でTOEICの点数が必要、

募集要項にTOEICの点数が提示されているという場合で考えてみても、

第252回TOEICがコロナの影響で受けられなかった人がいるというのは周知の事実です。

そんな中、TOEICの受験が出来なくても、英語力の証明をアピールすることで、

問題解決能力、代替案の提示という地頭力というものが評価される可能性もあります。

僕も5人程度、採用・面接をして雇うという経験をしたことがありますが、

資格よりも受け答えの対応力問題解決力などの人間力重要視します。

また受験を予定していて英語学習していた方がキャセックを受けることでも、

モチベーションの維持や、

TOEICスコア換算で英語力向上の確認

CASECの公式スコアを取得しておき

万が一の時に活用できるといったメリットがあります。

状況が該当する方、気になった方は確認してみてください。

(各サイトへ移動するので当サイトのブックマークをお忘れなく)

CASEC(キャセック)公式サイト

 

ちなみにこちらはTOEICスコア換算出来るe-test という3000問の模試

e-test 公式サイト

最後に

今後のTOEIC受験の受付では、

受付時刻の配慮や抽選などほかにより良い方法があれば改善されることを期待ですね。

それでは!!

 

ABOUT ME
アバター
ブロウ
カナダ生活6年以上、TOEIC 945。ELSA:(発音)ネイティブレベル、IELSTSスピーキングスコア予測8.5。EPT:(発音)指導者レベル。weblio英会話力診断(発音から英会話力診断): 満点、1位(ウィークリー)。日本では社会人になってからゼロの英語力からTOEIC700点台まで独学。グローバル企業での業務経験を含め仕事を中心に100名近い日本人の英語話者と関わる。また英語圏での環境で子供がどんな過程を経て英語を話せるようになっていくのかを見てきている。英会話に憧れる方や、英語学習で苦戦している方へ役立つ情報、英語学習者の英語スキルの収益化や未来図について発信。海外の動画を見るのが好き。