ブロウと英会話
[英会話・TOEIC・英語学習] 英語スキルの収益化や未来図について発信
TOEIC

TOEICで〇〇点は必要です【ここまでやる】

TOEICで〇〇点は必要です【ここまでやる】

ビジネスではTOEICの700点はほしいです。

英語が必要な仕事で、雇われる側と雇う側のどちらも経験した上での感覚なのですが、

ある程度決まった事をやる仕事なら700点あればこなせます

また新卒に期待されるTOEICのスコアは600点あたりからになります。

600点台でも自発的にスコアを伸ばしてくれる人材だと思われれば、

英文の読み書きに関わる仕事で採用されることはあっても、

英会話が少しでも入るのなら700点台が境界線という感じです。

 

それでも700点だとまだまだ英語を聞き取れない事も多く辛い時もありました。

常に50点、100点アップを目指していきたいところですね。

「知り合いはTOEIC 600点以上が条件で採用されてるよ」、という声もあるかもしれません、

これは英語のスキル以外の総合的な判断や、

社員として今後、会社に貢献してくれるという期待からという側面があると思います。

 

TOEICで600点台と700点台では英文読解速度もかなり違うため、

読解や簡易翻訳が主な業務なら会社に先行投資してもらっているという感じです。

例えば、フリーランスで簡易翻訳であれば納品までの作業時間はスキル・スコアに比例するので、

スコアが多少低くても品質を守った仕事をすれば、

働きながらスキルアップし、

発注者側からしても必要以上に支払いする必要もないといったケースも考えられます。

定期的にTOEICを受験する事は様々なメリットがあります。

別の機会にそのあたりをシェアしますね。

ABOUT ME
アバター
ブロウ
カナダ生活6年以上、TOEIC 945。ELSA:(発音)ネイティブレベル、IELSTSスピーキングスコア予測8.5。EPT:(発音)指導者レベル。weblio英会話力診断(発音から英会話力診断): 満点、1位(ウィークリー)。日本では社会人になってからゼロの英語力からTOEIC700点台まで独学。グローバル企業での業務経験を含め仕事を中心に100名近い日本人の英語話者と関わる。また英語圏での環境で子供がどんな過程を経て英語を話せるようになっていくのかを見てきている。英会話に憧れる方や、英語学習で苦戦している方へ役立つ情報、英語学習者の英語スキルの収益化や未来図について発信。海外の動画を見るのが好き。